僕はどうしてこんなに熱心に、女性が気持ちいいことを追求しているのか?

リョウ@ヒメシエスタです。
僕はここ10年くらい「女性が気持ちよくなるセックス」に取り組んできました。こう言うと、すごくフェミニストで、ボランティア精神旺盛な男性なのだろうと思われるかもしれません。
でも実際の僕は普通の男性だし、当たり前だけど特に人格が優れている訳でも無いです。唯一ちょっと違うのは、「女性が気持ちよくなってくれた方が、自分が射精して満足するよりも5倍以上充たされる」を経験的に知っている事だと思います。

女性を中イキさせるテクニック?

最近、「どうしたら女性をイカせられるか?」みたいなテーマで話す機会がありました。こうやって愛撫するんですよとか、女性のオーガズムの構造・指の使い方などについて、ホワイトボードを使って講義したのです。15人ほどの男性の方がいて喜んでは頂きましたが、僕の中ではちょっとした違和感を感じていました。それは、「セックスの技術」は、聞かれたからただ答えたけで、テクニックは些末な事柄に過ぎないからです。

女性をイカせるなんとか法は、実践的するのが難しい

女性がオーガズムを迎えるためには、以下の3点が出来ればいいのです。実はそんなに大きな秘密は無いです。
①男性がソフトな愛撫を長時間(5時間以上)継続すること
②女性が極めてリラックスした状態になれること
③女性が安心して身を委ねてくれるような信頼を得ること

男性側の意識改革が求められる

男性は、裸の女性が目の前に横たわっていたらすぐに入れたいし、早く射精したいと思うでしょう。淡々と長時間愛撫を継続することは、男性の性欲とは逆行することです。
「女性が気持ちよくなることを優先したセックスをする」のは、言うのは簡単だけど実際に実行するのはきわめて難しいのです。ここに男女のセックスにおける、根本的なすれ違いの原因があるのだと思います。

お客さんから「プライベートでもこうやっているんですか?」と聞かれたこともありましたが、僕は付き合っていた彼女にもまったく同じようにしていました。

僕がヒメシエスタでやりたいこと

・本当のオーガズムの気持ちよさを多くの女性に経験してもらうこと
・女性が気持ちいい方が、男性も充たされるので結果メリットがあること
・男性は「技術」ではなくて、性欲を抑える「習慣」を取得すること
とりあえず、僕がこれまでやってきたことを説明しますが、それが全て正しいとも限りません。僕は発展途上だし、もっとすごい方がいると思うので、ぜひ教えて頂きたいなと思っています。
僕が知っている、「女性が気持ちよくなるセックス」を世の中に広められることが出来れば嬉しいです。

PAGE TOP